MENU

妊娠線の原因とその予防法

画像

妊娠線とは、妊娠することにより急激なお腹の成長についていけずに、皮膚が裂けてできる断裂の跡です。表面の皮膚は妊娠の伸びにある程度ついていけますが、その下にある真皮と皮下組織は弾力性がないので裂けてしまい、個人差はありますが、お腹の周りや足、腕、お尻など色々なところにでき、一度できてしまうと治すことは難しいようで、できる前のケアがとても重要なものとなってきます。

 

 

また、できやすい人とできにくい人もいます。妊娠線ができやすい人は、経産婦さんであったり、双子などの多産児を妊娠された方、乾燥肌、高齢や小柄な方もなりやすい傾向があります。できにくい人はできやすい人の反対の場合が多く初妊婦さんや若い妊婦さん、大柄な方ができにくいことが多いようです。

 

 

 

妊娠線を予防するにはスキンケアと体重管理が重要になります。乾燥は大敵です。妊娠線専用の保湿クリームなどもありますので、入浴後などにマッサージをしながらでも保湿ケアをすることにより妊娠線の予防効果が期待できます。毎日のケアを大変ですが、日々のケアは何よりも大切なものです。

 

 

 

もう一つの予防は体重管理ですが、段階をふんだ体重の増加なら皮膚もびっくりはしませんが、急な体重増加は妊娠線の危険が一気に高まってしまいます。体重の増加はゆっくりと栄養のあるものやコラーゲン、葉酸も摂ることが大事です。最近はサプリメントなどで手軽に摂取できます。

 

 

 

体重増加には軽い運動も効果的です。無理をしない程度のウオーキングなどがおすすめです。どの予防法にもいえることですが、毎日続けることが一番大切です。

 

 

ベルタ妊娠線クリームで妊娠線対策

このページの先頭へ